商品と交換しよう

大きな家を建てる

付与されるポイント数はどれぐらい

木材利用ポイントは農山漁村の振興に資することを目的に行われており、地域の木材を適切に利用に対してポイントの発行が行われるものです。木材ポイントはいくら分を使用といった金額を基準に発行されるポイントが決定されるわけではなく、面積により発行されるポイントが決まってきます。たとえば新築の住宅の床の場合には9平方メートルで2.1万ポイント、床リフォームの場合には9平方メートルで3万ポイントと木材利用ポイントが決められています。床のほか内壁・天井・外壁が新築とリフォームごとに付与されるポイント数が決められています。また木材利用ポイントは木材製品や木質ペレットストーブや薪ストーブの購入でも付与されるようになっており、付与されるポイントは製品ごとに決められています。1ポイントあたり1円に相当する金額で、好きな商品と交換することができます。

木材利用ポイントがはじまったのは

木材利用ポイントがはじまったのは、平成25年7月1日です。国内には多くの森林が存在していますが、適切な間伐や伐採や管理が行われていない場所が多く目立っていました。これは森林を管理する担い手不足などの理由があり起こることです。適切な間伐や伐採や管理が行われないと日工が下まで届かず下草が生えず土壌が悪くなり土砂崩れの原因となったり、高齢な木々が多くなったり健康な木が少なくなり二酸化炭素の吸収量が低下するなどの悪影響が出てきてしまいます。そこで国産の木材の利用を促して、国内の森林事業を活性化しようとする目的で木材利用ポイントが開始されました。住宅は平成25年4月1日から平成26年9月30日までに着工した物が対象となり、木材製品等は平成25年7月1日から平成26年9月30日までに購入されたものが対象です。