不動産会社に頼ろう

引っ越しをする

不動産会社に仲介してもらう

マンションを売却したい場合、個人で売ることもできますが、買ってくれる相手を探すことは困難です。身内や知人に欲しいという人がいないと、購入してくれる人を探し回らなければならないからです。また、通常売りたいという人も仕事があるでしょうから、マンション売却のことだけ考えいることはできません。そのため、大抵個人でマンションを売る場合は、不動産会社と契約してマンション売却の仲介を依頼するか、直接買い取ってもらうことになります。例外として、最近ではインターネットオークションで売却をする手段もあります。インターネットオークションは、あらゆる物を売却することができ、マンションもその例外ではなく、専門のカテゴリーがあります。

不動産会社にお願いするメリット

不動産会社に仲介を依頼するメリットは、自分で売買の交渉をしなくてよいことです。それらすべてやってもらえます。価格交渉や売る時期やマンションの管理など、通常の売買契約は手続きが面倒です。それに交渉がうまくいっても、契約書の作成や、登記名義変更の手続きなどがさらに待ち受けています。これらは購入者にとっても売却者にとっても複雑でわかりにくいものです。そのため、どちら側の者にとっても、不動産の取引実務に詳しい不動産業者が間に入っていることは、心強いのです。もちろん不動産会社には仲介手数料を払わなければなりませんが、すべて自分でやって万が一トラブルになる可能性を考えると、大したマイナス要素とはなりません。